Camino de Santiago 旅日記

新しい旅を計画しています

【アメリカ一周バス旅】10.California 終わり

3.9 ラスベガスにはもちろん立ち寄らず、最後の目的地ロサンゼルスに入りました。465mile  バス泊もこれで終わりです。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331144955p:plain

取り敢えずホテルを探して、荷物を預けます。さすが大都会。ホテル代が高く18.20$。

バスのツーリスト・パスを3$で買って、バス・マップ1$を頼りに市内を観光です。

まずは、サンタモニカ海岸 ここでローラスケートをするのが目的です。海岸に沿ってコースが設けられ、ブラブラ景色を眺めながらスケートを楽しみました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331151220j:plain

ついでにベニスビーチもブラブラ。そこでは映画かテレビの撮影をしていました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331151951j:plain

3.10 ハリウッド 定番コース チャイニーズシアター

映画を観なかったのが悔やまれます。映画はどこで観ても内容は一緒ですが、やはりこの映画館で観るべきでした。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331152711j:plain

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331152950j:plain

ほかにもワックスミュージアム、ウォークオブフェイムを見て回りましたが、もう完全に観光疲れをしていたと思います。

3.11 そろそろ帰国の準備です。友人や選別をもらった人達にお土産を買いにダウンタウンをうろうろします。この時点で残金は630$ぐらいとメモしてありました。

3.12 ビバリーヒル

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331153129j:plain

ビバリーヒルズにある高級ショップが立ち並ぶビデオドライブ。

完全に場違いな買い物客ですが、ブランドのバッグ(275.6$+51.41$)を買いました。

 

使用金額;646.17$  
移動距離;465mile

 

1981.03.13 LOS ANGELS

1981.03.14 HANEDA

 

総使用金額;1,846.26$(1$=220約40万円)+航空券とバス12万円で総額約52万円

旅行費用は35万円ぐらいで、残りは買い物代です。

総移動距離;7,577mile(約12,200km)

日本列島を北から南まで4回行った距離になります。

ホテル泊・他泊 24日

バス車中泊・機中泊 12日


36日間のアメリカ一周バス旅は終わりました。長旅で疲れもしましたが、もっとあちこち見てまわりたかった、という気持ちが大きかったと記憶しています。今ならLCCで航空券も安く購入でき、スマートフォンで要領よく旅をすることができますが、この旅は正にアナログの旅でした。旅の情報といえば、バイブルの”地球の歩き方”と各地のバスディーポットですれ違う日本人旅行客の情報ぐらいです。ひたすら自分の五感を働かせ、それを信じて行動するしかありませんでした。まずは安全第一、プラス趣くままの興味でだけです。感性と行動力のバス旅といっていいかもしれません。

今、40年ぶりに振り返って36日間を整理してみましたが、たぶん私の旅のスタイルがこの時にできたのだと思います。次はいつになるか分かりませんが、世界一周の旅ができる日を楽しみにしています。以上、青春の記録でした。

 

Youth       Samuel  Ullman

Youth is not a time of life ; it is a state of mind ;  it is not a matter of rosy cheeks,red lips and supple knees ; it is a matter of the will,a quality of the imagination, a vigor of the emotions ; it is the freshness of the deep springs of life.

Youth means a temperamental predominance of courage over timidity of the appetite, for adventure over the love of ease.  This often exists in a man of sixty more than a boy of twenty. Nobody grows old merely by a number of years. We grow old by deserting  our ideals.

Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, fear,self‐distrust bows the heart and turns the spirit back to dust.

Whether sixty or sixteen, there is in every human being's heart  the lure of wonder,the unfailing child‐like appetite of what's next,and the joy of the game of living. In the center of your heart and my heart  there is a wireless station; so long as it receives messages of beauty, hope, cheer, courage and power from men and from the Infinite, so long are you young.

When the aerials are down, and your spirit is covered with snows of cynicism and the ice of pessimism, then you are grown old, even at twenty,  but as long as your aerials are up, to catch the waves of optimism, there is hope you may die young at eighty.

 

 

【アメリカ一周バス旅】9.Arizona

3.6  夜行バスでアリゾナ州ツーソンに移動 318mile

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210329172539p:plain

3.7 エルパソもツーソンも街はすごく乾燥していて服も靴もホコリまみれ。なので、男性はジーンズとロングブーツ、もちろん頭にはカウボウイハットでカッコよく決めています。いいなと思いつつ、しばらく我慢していました。しかし、とうとうまあいいかと思い、トニーラマのロングブーツ(99.23$)とリーバイスジーンズ(34.39$)を買って、すっかりウエスタンスタイルになりました。ちなみに、このブーツはこの時以来履くことはなく、長い間下駄箱の邪魔者となりました。考えてみれば、日本でロングブーツを履くには湿度が高過ぎするし、第一履く機会も全くないことに気付くべきでした。

この町で驚いたことがありました。ツーソンからフラッグスタッフに向かうためバスディーポットで同志社大の知り合いに遭遇しました。お互いこんなバス旅をしていることを知らなかったのでびっくりです。彼はロサンゼルスから南部経由でニューヨークにグループで向かっていました。全く奇遇です。世の中は本当に狭いです。

3.8 グランドキャニオンに行くためにグレイハウンドのバスラインでフラッグスタッフ移動です。257mile

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331141548p:plain

ここからバスを探してグランドキャニオンに行こうかと思っていたら、日本人の学生旅行者にレンタカーの相乗りを持ちかけられ合流することにしました。国際免許証は持っていましたが、私が運転することはありませんでした。

(レンタカー代 5人割り勘 1人15.82$、ガソリン代2.70$)

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331142230j:plain

グランドキャニオンまで車で1時間30分ほどです。公園内はとても広大でトレイルに足を踏み込むには装備と時間が足りません。トレイルツアーが沢山あって谷に下るトレイルを見ていると無性に行ってみたくなりましたが、今回は仕方なくレンタカーでTrail View PointやHopi Pointを周って帰ってきました。グランドキャニオン、こんな雄大な景色は他では味わえない所でした。

後ろ髪を引かれる思いでしたが、フラッグスタッフに戻って、夜行バスで最後の目的地ロサンゼルスへ向かいました。

使用金額;176.31$

移動距離;725mile

 

【アメリカ一周バス旅】8.Texas

3.4 移動日 

帰国予定の12日が近付いてきたので、大急ぎで西に向かいます。まだ行きたいところはたくさんあるのに。ニューオーリンズの3日は長すぎたと後悔。サンアントニオもスルーしてテキサス州エルパソに。1,201mile 17時間の長旅=バス泊

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327160504p:plain

3.5

エルパソに着いてすぐ、メキシコとの国境リオ・グランデ川を徒歩(たったの30分)で超え、Ciudad Juarezという街に向かいました。この旅で3つ目の国に入りました。当時スペイン語を少しだけかじっていましたので、馴染みやすい感じがありました。銀製のペンダント38$なんかを買って、滞在時間2時間ほどのちょいメキシコ入国です。

国境を超えるところにメキシコの子供たちが沢山いて、ペニー、ペニーと言ってお金をせびります。最初は無視していましたが、数人に小銭を渡すと多くの子供達がわーっと駆け寄ってきます。こちらは無防備な一人旅。これ以上迫られたらまずいなと思い、ポケットにあった大量の小銭を道に撒き散らして、駆け足でエルパソに戻りました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327162724p:plain

ホテルは10.80$の安宿。少し物騒だと思い、バックパックの盗難予防にチェーン(10$)を買いました。食事はもちろんタコス。けっこういけた味でしたが、夜食べたローストビーフはいまいちでした。

3.6

バス(4.65$)でカールズバッドという洞窟見学に。145mile

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210329164332p:plain

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210329162120j:plain

洞窟の名前にあるように、コウモリがうようよ。天井にもビッシリ。洞窟は世界有数の広さ。パーク・レインジャーさんに解説してもらうツアー(1$)に参加しました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210329162927j:plain

とにかく広くて鍾乳石も巨大。一見の価値ありでした。

記念に頂いた鍾乳石のかけらは今も引出しにしまってあります。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210329163155j:plain

エルパソに戻って街をブラブラ。夜行バスでツーソンに移動するバスの時間まで暇だったので、下町のコインランドリーで上から下までの服を洗濯機に放り込んでリフレッシュ。ジーンズも洗ったのでパンツ一丁で乾くのを待っていました。そうしたら後からきたおばちゃんたちに笑われてしまった。本当に旅の恥はかき捨てでした。

使用金額;94.61$

移動距離;1,491mile

【アメリカ一周バス旅】7.Louisiana

2.28 移動日

ニューヨークで遊びまくったつけがきて、ワシントンやナッシュビルをスルーすることになりました。1,300mile(2,100km)を19時間かけてニューオーリンズに着きました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327141402p:plain

3.1 ニューオーリンズに着いた時は、ちょうどニューオーリンズマルディグラ  New Orleans Mardi Gras のカーニバルの開催中でした。このカーニバルははブラジルのリオのカーニバルなどと並ぶ世界で最も有名な謝肉祭(カーニバル)のひとつだそうです。おかげで観光客も多く、ホテルの値段も上がっていました。YMCAでも高値で3泊66$

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142334j:plain

山車の上からプレゼントとして群衆に向かって物が投げられます。安物のカラフルなビーズの首飾り、doubloonというコイン、装飾されたプラスチックのカップや、小さくて安価なおもちゃなどが多く投げられています。私も記念にたくさん拾って持ち帰りました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142448j:plain

中心街はバーボンストリート 異国情緒たっぷり。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142729j:plain

昼間でもストリートパフォーマンス

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142522j:plain

夜はもちろんジャズライブ 飲み物付きで7$で楽しむことができました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142547j:plain

路面電車マーロン・ブランドの映画に出ていた「欲望という名の電車」。

これも観光客でいっぱい。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142623j:plain

食事は牡蠣 小ぶりな牡蠣にレモンを絞って、幾つでも食べられます。美味し。

ミシシッピー川の蒸気船クルージングにも行きました。9.50$

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327142656j:plain

ニューオーリンズは旅人の集まる街。アメリカ人はもちろん、世界中の観光客が来ています。貧乏旅行の人達は自ずと集まってきて、旅の情報交換を始めます。日本の大学生もたくさんいました。危ない誘いもありましたが、丁重に断って事なきをえたりもしました。

最後にNFLセインツの本拠地スーパードームのツアーに参加しました。3$

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327161609j:plain

使用金額;133.22$

移動距離;1,305mile

次も大ワープしてエルパソに向かいます。

 

【アメリカ一周バス旅】6.New York City

2.21  とうとうNew Yorkまできた。409mile

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325165332p:plain

ホテルは Hotel Earle  103 Waverly Place N.Y もちろん飛び込みで投宿。2泊30.75$

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325165714j:plain

なんとこのホテル、今も健在でした。ワシントンスクエアに近く、3rd Streetのレストラン、劇場、クラブから3ブロック、地下鉄West 4thStreet駅から1ブロックにあって、街の探検には抜群のホテルでした。今は1泊170$位。

 

まずは、Madison Square Gardenのチケットを買いに。

当日のNHLアイスホッケー観戦  10$(最安席)を購入。

席は上の方でしたが、試合開始前の練習やハーフタイムの時は最前列まで行って写真を撮りまくり。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325151628j:plain

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325173217p:plain

今は過去の試合結果もネットで検索できるので便利です。

 

2.22 

お登りさん定番のエンパイアステートビル展望台へ 2.50$

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326164834j:plain

記録では26日にも展望台まで行っているので、よほど気に入ったのでしょう。

そう言えば、今までの海外旅行では必ず高いビルや塔があれば、必ず昇っています。きっと高いところが好きなんでしょうね。

 

夜はまたMadison Square GardenでNBAバスケットボール 6$(最安席)観戦

昨日、アイスホッケーの試合をした同じ会場が翌日にはバスケットボールのコートになっていてビックリ。どんな仕組みになっているのでしょうか?調べてみると、今も同じように日替わりで試合が組んでありました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325151741j:plain 

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325173609p:plain

 接戦で最後ま楽しませてもらいました。Lakersはこのシーズン2位。

 

2.23

ブロードウェイでミュージカル(21$)を観たと記録にあるが、タイトルを思い出せない。意味が解らなくて眠っていたのかも知れません。

ニューヨーク3日目で地下鉄の便利さを利用して行動範囲が広がります。当時の地下鉄はこんなのでした。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326165202j:plain

黒人やヒスパニックの人達に混じって、貧乏学生は怖いもの知らずで動き回ります。

2.24

メトロポリタン美術館

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326160659j:plain

96年に行った時も同じ構図で写真を撮っていました。

・近代美術館MoMA

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326165540j:plain

・ダコタ・ハウス 旅を始める2ヶ月前の1980.12.8。この高級集合住宅の南玄関口でジョン・レノンが銃撃され亡くなりました。当時のニュースは衝撃的でした。あのジョン・レノンがこの世から突然居なくなったのです。この時も慰問のファンが数名訪れていました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210331161209j:plain

・Village Vangurd   178,7th Ave So

夜な夜なLive JAZZ  20$で楽しい夜を過ごしてました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326160440j:plain

2.25 この日も夜は

・JAZZ    THE BOTTOM LINE  17$ 

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326170040j:plain

2.26

自由の女神 頂上の王冠まで登った。冠には7つの突起があり、7つの大陸と7つの海に自由が広がるという意味があるそうです。台座のところに売店があって、Baggage tag(1.50$)とキーホルダー(4.08$)を土産に買ったと記録にあります。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210326170235j:plain

2.27

・ブロードウェイでA CHORUS LINEを観た。16$ 

これは有名だったのでストーリーがわかっていたので、楽しむことができました。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210313154003j:plain

これは当時のパンフレット 3$。 ちゃんと保管してありました。

この日、シエラデザインのダウンジャケットを156.60$で買ったと記録しています。グリーンのこのジャケット、お気に入りで10年ぐらい着ていたと思います。

ニューヨークはほとんど一人旅でしたが、途中、早稲田大のKOIKEと知り合い、ツインの部屋をシェアして情報交換をしていました。彼は島根県庁に就職が内定していたと言っていました。ネット検索すると島根県のエライ人になっていました。

ニューヨーク 合計6日間。 堪能しました。ガツガツ観て回りました。本当にエキサイティングな街です。お金があれば、もっと楽しかったと思います。もっと英会話ができれば、もっと楽しかったと思います。

余談;ニューヨークでの食事はピザ、ホットドッグ、ラーメン、ハンバーガー、安いステーキなどでした。本当に粗食。ですが、96年に行った時はザ・プラザホテルで弦楽四重奏を聴きながら豪華なランチを食べたのでした。でも場違いな感じでしたね。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327140503j:plain

 

使用金額;473.25$

移動距離;409mile

余談;当時、北米4大プロスポーツNFLアメリカンフットボール),MLB(野球),NBA(バスケットボール),NHL(アイスホッケー)の内、NBAとNHLを81年の旅で観戦することができたが、96年の旅でNFLを観戦することができた。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327112841j:plain

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210327113527p:plain

チケットは会場で年間シートを持っている人から譲ってもらった。試合はとてもエキサイティングで最後まで結果がわからない、シーソーゲーム。最高に楽しかった。

ちなみに、この時、NLBの92nd World Seriesがヤンキースタジアムで開催されていた。開幕日の19日のチケットを探していたら、3万円なら手に入ると言われ、同行者を募ったが現れず、見損なうことになった。大雨で結局試合はキャンセルとなった。結果は、ニューヨーク・ヤンキースアトランタブレーブスを4勝2敗で下し、18年ぶり23回目の優勝をした。

NLBには縁がなかった。

【アメリカ一周バス旅】5.Canada

2.19  シカゴからトロントへ。カナダ入国 521マイル

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325162459p:plain

 計画ではシカゴからボストンに入る予定だったが、せっかくだからナイアガラの滝をみようかと思いつき、ついでにカナダのトロントに行くことに。 

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325162922j:plain

 フランス語と英語が表記された案内板。街はすごく綺麗。警察官は洒落た制服でカッコ良い。綺麗すぎてアメリカとは違う街の雰囲気。少しだけ観光してナイアガラの滝の町に移動。

ナイアガラフォールズ市 79.5マイル

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325162846j:plain

 訪問した時は厳冬期の曇り空。滝は凍りついていて、おまけに景色もぼんやり。滝が流れる音だけ。すごい音だけを聞きに行ったことになった。

本当はこんな景色を期待していましたが、絵葉書を買って妄想だけ。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210325163122j:plain

 当然、街はオフシーズンで店も閉まっていて、食べるとこもない。仕方なくスーパーマーケットに行って、食料品を調達して安宿(12.25$)で貧しく食べたのでした。

 予定通りボストンに向かうべきだったと後悔しました。

余談;96年にボストンに行く予定があったのですが、運悪くハリケーン・リリーが襲来し、ニューヨークから移動ができなくなって、ボストンに行く機会を失ってしまいました。その後もボストンには行っていないので、行けるときには行くべきだと思うようになりました。

使用金額;35.07$

移動距離;600.5mile

 ここまで郷里の友人と連れ立っていましたが、一人旅をしたくなり友に別れを告げました。

 さあ、次はニューヨーク。

 

【アメリカ一周バス旅】4.Illinois

 デンバーからシカゴまで、バスで15時間。1,004mileの旅。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210317143318p:plain

 バス2泊はキツかった。

 バスの中で何をしていたかと言うと、カリフォルニア州Chicoで買ったラジオ(23$)を聞いていた。少しでも英語耳を作らないと、何を言っているのか聞き取れなくて、会話にならないとサンフランシスコに着いて痛感したからでした。当時ラジオからは、坂本九さんの”SUKIYAKI"をA TASTE OF HONEYというバンドのカバー曲が何度も掛かっていて、哀愁のあるメロディーを小さい音で聞いていました。

 バスの乗客は裕福そうな人は見かけません。ほとんどが一人旅なのに、休憩のバスデーポでも一人で食事。誰も話しかけません。ただ黙って目的地で降りていきます。もう少しコンタクトがあると期待していただけに残念でした。

 1981.2.16 早朝 やっとシカゴに到着です。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210318110756j:plain

イリノイ州シカゴ ここも映画で何度も観た街。BIG City

・ジョンハンコックセンター展望台

シアーズタワー(今はウィリス・タワー)見ただけ。

・シカゴ美術館

・フィールドミュージアム

・水族館

バスで街めぐりをし、ワクワクドキドキしながら歩き回った。すごく風が強く寒かった。本当にWindy Cityだった。

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210318111335j:plain
 街のあちこちにパブリックアートがあり芸術の街。もちろん裏通りには荒んだ雰囲気が漂っていたが表通りは近代的な大都市の顔。

 シカゴには、その後、2度も訪れることになるとは予想していなかった。

1996.10と1998.11 この時もジョンハンコックセンター展望台に昇った。

その時の写真がこれ

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210321173827j:plain

15年前と同じ構図

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210322124403j:plain

98年のときはアーミッシュの観光客も窓にへばりついて景色を楽しんでいた。

 この時は少しリッチなホテルと豪華な食事。MICHAEL JORDANのレストランでステーキを頼んだら巨大で食べきれなかった。学生の旅行と社会人になってからの格差も感じました。

 81年のステーキは4-9$位で黒こげの硬い物だったが、社会人のステーキは柔らかくて、本当の牛肉を味わうことができた。学生時代はアメリカのメシはまずいと思っていましたが、ちゃんとお金を出せば美味しいものを食べれるんだと認識を変えました。当然ですが。アメリカは安いものは不味いが日本は安くても美味いものがたくさんある。日本て素敵ですよね!

f:id:Camino_del_Taka_2018:20210322124512j:plain

 それに、秋は天気も良くて、シカゴの印象がすごく変わりました。10月はindian summerで気温が40度近くあって大汗でしたがね。

これも20年以上も前の出来事になりました。

もう4度目のシカゴはないと思いますが。

 

使用金額:65.97$

移動距離:1,004mile